製品案内・製品案内

転写


転写

数色のインクで印刷された図柄の模様を製品に写す技法です。

眼鏡やネックレスなどの装飾に。




転写について

転写とは昇華インクで印刷されたシートを製品に押し当てて160℃以上の熱をかけて模様を付ける手法です。
昇華インクは蒸発し繊維やトップコートの中に入り込み色が付きます。
トップコートは、焼付け塗装や電着塗装で付けます。

一度に1~4色程度の図柄の印刷が可能なため金属製品の装飾、多色付けに最適です。380mm×500mmサイズの転写紙に印刷するので、少量生産でも対応が可能です。
近年ではパソコンによるインクジェット印刷も可能になり、写真などをそのまま転写することも可能です。




転写の実績


転写

転写

ホログラム

ホログラム

七宝+転写

七宝+転写





特徴・用途・適応素材・処理可能寸法


特徴
  • スプレー塗装ではできない多色化パターンが簡単にできます。
  • 既存の転写シートから図柄を選ぶこともできますし、お客様のデータから版を作ることも可能です。
  • 七宝やホットスタンプと組み合わせれば部分転写もできます。
用途
  • 眼鏡、ネックレス
  • ある程度形状がフラットな金属製の装飾品
処理可能寸法 400×200×100

お気軽にお問い合わせ
くださいませ

技術ハンドブック
PAGETOP