メッキと塗装の豆知識

メッキと塗装の工程紹介シリーズ メッキ

1.チタンの下地めっきの工程のご紹介 


チタンは非常にめっきが難しい金属なので、いきなり装飾めっきは付けられません。
初めに下地めっきとしてニッケル又は金を付けてからベーキング後もう1度金めっきやニッケルメッキを付けます。
この下地めっきはチタンと密着させる事が最大、唯一の目的ですから光沢剤など余計なものはなるべく入れないので少し曇った外観で厚さも薄いめっきです。
ニッケルめっきは最近は金属アレルギーのため敬遠されがちですが。
つまりチタンは2回メッキしますから、時間も手間も2倍以上かかります。
チタンのアミに白金めっきをした電極やチタンに金めっきをした燃料電池極板などは、機能めっきですから光沢が無くても構いません。
それに比べ、チタン製眼鏡の金めっきなどは光沢が無いと商品になりませんね。
チタンの白金めっき電極はめっき業界では昔から貴金属めっきの電極などに使っていましたが、光沢のあるめっきをチタンに付けたのは恐らく日本の眼鏡業界が世界初ではないでしょうか?
ベーキングもかなり低い温度でしないとチタンが鈍ってしまったりしてバネ性が必要な眼鏡のテンプルには使えません。
他にチタンに光沢のあるめっきを付ける需要自体があまりありませんから。
チタン製眼鏡にめっきが出来るようになって20数年経ちますが、その間に様々なチタン合金やベーターチタン、超弾性合金などが使われるようになりましたが、その都度眼鏡のめっき業界は対応してきました。

下地めっき工程
検査、ラック掛け後
洗浄1→水→洗浄2→水→電解洗浄→水→水→水→酸洗い→水→水→水→Ti酸洗い(Niめっき用、金めっき用)→水→水→水→Ni又は金めっき→回収→回収→水→水→純水→純水→熱風乾燥30分→ベーキング→250℃から350℃で1時間から15分間
仕上げめっきは通常のめっき工程とまったく同じです。


2.(チタンの)ロウ付け用めっきの工程です。


チタンやステンレスにロウ付けをする際、めっきをすれば簡単にロウ付けができます。
ここでは純チタンの工程をご説明しますが、同じチタンでも材質によって酸処理の種類や条件が違います。
その為材質を細かくお聞きすることがありますが、ご協力お願い致します。
つまり、弊社のロウ付けメッキは絶対にとれません。
但し焼けの上は絶対だめです。時々、焼けているから酸洗いで取ってからめっきしてくれと言われますが、絶対にそれはだめです。
チタンは酸洗いと機械的研磨の2段構えで焼けを取らないとだめなんです。
きれいに研磨した製品でも焼けの付近の金めっきがはげた経験がありませんか?
なのにどうしてロウ付けメッキなら焼けたままでも付くと云うのでしょうか?)
もちろん剥がし方式の10ミクロンと剥がさない30ミクロンはまったく工程が違います。

入荷→洗浄→酸洗い(酸ハタシ)→ラック掛け→洗浄→水→電解洗浄→水→水→水→酸洗い→水→水→水→半光沢(秘密)ニッケルメッキ→水→水→水→熱風乾燥→ベーキング(1Hr)


3.洋白、ステンレスのめっき(チタンの上メッキ)

洋白や銅、銅合金、真鍮などは比較的にめっきしやすい金属です。
これに比べステンレス、ニッケル合金、ニッケルめっきの付いた再めっき品はめっきが付きにくく、ニッケルストライクという処理をしなければめっきは付きません。
チタンのニッケル下地処理後のめっきもこの工程になります。
弊社ではすべてめっきの付きにくいステンレスに合わせた工程を使います。

検査、ラック掛け後
洗浄1→水→洗浄2→水→電解洗浄→水→水→水→電解酸洗い→水→水→水→
ニッケルストライク→水→ニッケルめっき→回収→回収→水→水→水→目的とするめっき(金、黒ニッケル、スズコバ、白クロム、黒クロムなど)→水→水→純水→純水→熱風乾燥→検査後出荷又は塗装へ

4.超弾性のめっき工程

超弾性は超弾性用の酸洗い、専用金めっきが必要になります。
これらはステンや洋白にはめっきが付きますがチタンには付きません。
チタンと超弾性を同時にめっきするには、専用のラインが必要になりますがそれだけの需要がないので弊社では今のところチタンと超弾性は別々にめっきしなければいけません。

検査、ラック掛け後
洗浄1→水→洗浄2→水→電解洗浄→水→水→水→酸洗い→水→水→水→超弾性用酸洗い→水→水→水→超弾性用金めっき→回収→回収→水→水→水→目的とする装飾めっきへ(Ni,パラ、金、黒Ni,など)→乾燥→検査後、出荷、又は塗装へ

5.アンティーク工程

アンティーク(古美仕上げ)とは 本来は銀や銅、真鍮製品が自然に腐食しそれを磨いてへこんだところは黒くでっぱった所はシルバーやブロンズ、ゴールドになってしまったものを言います。
でもそれでは3色しかできませんし、何万円もする眼鏡に銅メッキや真鍮メッキをしては価値が下がってしまいますし、耐食性も心配です。
それで、弊社ではステンレス、洋白の場合はニッケルメッキ+黒ニッケル(ガンメッキ)後、シャーリング(ヘアーライン)で黒ニッケルを部分的に削り取りゴールドやブロンズ色を眼鏡全体に塗装で付けてアンティーク調に見せています。
塗装で色を出すためレッドでもブルーでも微妙なゴールドの色違いでも自由に色だしができます。

工程
ニッケルめっき+黒ニッケルまで付ける→シャーリング→塗装ラック掛け→洗浄→乾燥→プライマー→コート→カラー→乾燥→検査、出荷

6.単色塗装の工程

単色塗装と言っても材質、用途によって様々な工程がありますが、ここではめっき後の眼鏡の透明な塗装(カラーコート)の工程をご説明します。

実際に塗装している動画もご覧ください。


ラック掛け→洗浄→乾燥→(洗浄、乾燥で1時間ほどかかります)→プライマーを塗装する(密着を良くする下塗り)→10分程度乾燥→コートを塗装する→10分程度乾燥→カラーを塗装する(1回から3,4回)→下焼き乾燥60℃×20分→焼付け乾燥180℃×20分→検査、出荷


お気軽にお問い合わせ
くださいませ

技術ハンドブック
PAGETOP