銀メッキについて

銀メッキの変色防止方法を教えてください。

銀は硫黄と極めて反応しやすく、大気中の微量な硫黄化合物や塩素などのハロゲン化合物と反応し
黄色~黒く変色します。これらの反応は紫外線により促進されるとあります。
このような変色した酸化膜は銀表面に硫化銀、硫酸銀の化合物を作り外観を損ない、接触抵抗を
増大します。

銀の変色防止として弊社が行っている方法はクリアコートで表面を覆う方法で これが一番効果があり長続きします。
様々な変色防止液に浸漬する方法もありますが、これらは銀表面に薄い皮膜を張るだけなので持続性がありません。
クロムに浸漬、または電解する方法もありますが、装飾品のメッキが主の弊社では身に着けるものにクロムは
使いたくないので使いません。

他のメッキを上からつける(例えばロジウムやニッケル)という方法も本には書かれていますが
それでは銀メッキではなくなってしまいます。

銀メッキは柔らかい独特な風合いのあるメッキですが、その状態を保持することはなかなか難しいです。

銀メッキの製品ページへ


お気軽にお問い合わせ
くださいませ

技術ハンドブック
PAGETOP