よくある質問

メッキ厚みの保証はできますか?

メッキの膜厚保証は条件により可能です。

メッキの膜厚保証をする場合は必ず見積もりを取る前に条件をご提示ください。条件とは膜厚測定箇所と膜厚範囲になります。その条件に合わせて見積金額を算出し メッキ膜厚の測定結果をお知らせいたします。

条件のご提示がない場合は理論値による製品全体の平均膜厚が支持されたミクロン値になります。
例えば10センチ×10センチの四角い板に1μの金メッキをする場合は面積を200平方センチとして電流値を計算しメッキします。それは板全体の平均膜厚が1μということであって、板のどこを計測しても1μであるということではありません。メッキがもっと厚いところもあれば薄いところもあります。

なぜなら、電気メッキは製品全体に均一に電流が流れるわけではなく、電流は流れやすいところに集中して流れてしまう性質があります。膜厚を均一にするために陽極と陰極の幾何学的配置や距離・形状の工夫、2次電流分布の改善、製品の液中での撹拌、メッキ液の撹拌など製品ごとメッキ種ごとに改善しますが それにも限度がありますのでメッキ厚みは製品のすべてのところで同じとはいえません。

この為 製品の場所ごとにメッキ膜厚の指定がある場合は見積もりの前に必ず明記してください。単に「18金メッキ1μ」という指定は「平均膜厚が1μ」ということになります。

これに対し 10センチ×10センチの板の四隅、中央の5か所を計測してすべての場所で1μ以上という場合は 全体を1.2μ、あるいはそれ以上メッキしないとこの条件はクリアできないかもしれないので 見積もり単価が変わります。


お気軽にお問い合わせ
くださいませ

技術ハンドブック
PAGETOP