よくある質問

金張りとは?

金張りは金の特性を生かしながら、安価な素材として(あくまで金無垢よりは安い)工夫されたもので、他の金属(チタン、洋白など)に金合金の薄い膜を貼り付けたものです。
金メッキとは違います。

GFと書いてある場合は金張り(Gold Filled)です。18金を使った金張りは18KGFと書きます。

金張りは硬ろうクラッド法と呼ばれる、被覆材(金張りの膜)と母材(洋白など)より低い融点の硬ろうを中間に介在させ熱で接合させる方法で作ります。
1/20 14K GF の意味は14/24=0.58 金の含有量58%の膜が母材と金膜1gの中に20分の1有るということです。つまりこの金の含有量は材料1g中に0.029gの純金が含まれている訳です。

貴金属メッキのページへ


お気軽にお問い合わせ
くださいませ

技術ハンドブック
PAGETOP