品質試験

耐光性試験

耐光性試験とは

耐光性試験とはメッキや塗装などの表面処理加工皮膜が太陽光(紫外線)に対して、
どれだけ変色や脱色に耐えられるかを調べるための試験です。
ここでは眼鏡の規格である、ISO12870/JIS B 7285耐光性試験をご紹介します。

塗装やメッキは長時間太陽光にさらされても色抜けなど変色を起こさないものが望まれます。
キセノンランプを照射する耐光性試験機を使用して塗装の耐光性を調べます。
焼付け塗装

ここに記載されている耐光性試験、その他の品質試験のご依頼もお受けいたします。
詳しくは「よくある質問」の「品質試験依頼と単価・納期について」をご覧ください。


試験の目的

塗装やメッキの耐光性を調べます。


試験方法


耐光性試験機(XT1-15)

(1) 試料をアルミ箔等で半分遮光します。
(2) 遮光した試料を耐光性試験機に投入します。
(3) 規定時間キセノンランプを照射します。
(4) 終了後、試料を取り出し、照射部と遮光部を比較観察します。

当社の判定基準

照射部と遮光部を比較し、目視で退色が確認されなければ合格とします。


お気軽にお問い合わせ
くださいませ

技術ハンドブック
PAGETOP