メッキと塗装やその他の表面処理についての豆知識、面白いお話です。

  • 0778-51-9555
    受付時間 平日 8:00〜17:00
  • 0778-51-5620

メッキと塗装の豆知識

メッキの豆知識
電気めっきの膜厚のばらつきはどのくらい?
 ここでは わざわざ 「電気めっき」 と言いました。

電気を使わない「無電解めっき」(化学めっき)の膜厚のばらつきは10%以内と言われています。

電気めっきは直流電流を流してめっきします。 電流というのは流れやすい所に極端に集中するようで、めっき治具の端、細い部品の先端などは電流密度が極端に高くなり めっきがたくさんついてしまいます。
電流が高くなるところがあるという事は 低くなるところもある訳で 電流差がそのまま厚みの差になる訳ではありませんが、その差は3倍、5倍くらいは当たり前で ひどいとさらに差は広がります。
5倍と言うとびっくりされるかもしれませんが、普通のめっき製品にはその程度の差が合っても何ら支障が無いわけで、今まで知らなかっただけなのです。
 
でも気を付けないとねじの先端にめっきが付きすぎてナットが入らない、尖がっているはずのはり先が丸い、裏側がめっきが薄くて腐食したなどのトラブルになります。
 
めっきを付ける方でも均一電着性の改善のために 液の種類、陰極と陽極の幾何学的配置の改善、ラックの改善などを行っていますが、設計段階から めっきの均一電着性を理解して うまくメッキできるデザインをしていただくことも重要だと思います。

ただ 図面を書くだけ、デザインだけして表面処理の事は分からないから あとは何とかしてくれでは プロのデザイナー・設計者とは言えません。何とかしてくれなら まだ良いのですが、2次下請け・3次下請けになると 図面に書いてあるからその通りにしなければいけない、元請けまでは聞けない、勝手なことはできない でもそれは全然不合理なめっき仕様だから メッキもできない・・・と言う事が多々あります。
 
困ったもんです。
これで「物つくり大国・日本」と言えるのでしょうか?
すでにいくつかの産業は韓国、台湾、中国に抜かれていますが・・・
一覧へ戻る
  • メッキの豆知識
  • 塗装の豆知識
  • その他加工の豆知識
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ
WEBでお問い合わせの場合
お問い合わせフォーム
試作・見積依頼
電話でお問い合わせの場合
0778-51-9555
受付時間 平日 8:00〜17:00
FAXでお問い合わせの場合
0778-51-5620