金メッキ加工、18金メッキ、ピンクゴールドメッキ、ホワイトゴールドメッキ

  • 0778-51-9555
    受付時間 平日 8:00〜17:00
  • 0778-51-5620
製品詳細 - 追加ページ | 貴金属メッキ

金は人類にとって、古来よりもっとも価値のある重要な金属です。その変わることのない美しさは人々を魅了し続けてきました。しかしその埋蔵量も残り少なく今世紀中頃までには掘りつくされてしまうと言われています。

メッキ技術はその様な貴重な金属を節約して使うエコな技術です。株式会社ワカヤマではホワイトゴールド、18金メッキ(K18GP)、ピンクゴールド、純金色(金‐コバルト合金)の金メッキがあります。その他にもチタン用下地金メッキ、超弾性合金用下地金メッキがあります。

通常は下地メッキとして光沢ニッケルメッキやパラジウムメッキを付けた上に 金メッキを薄く付けます。下地メッキは光沢を出し 耐食性を上げる目的で使います。  
 
ホワイトゴールド
ピンクゴールド
18金メッキ
18金メッキ
純金色メッキ
純金色メッキ
ホワイトゴールド
ホワイトゴールド
K18金メッキ
18金メッキ(美容機器部品)
純金色メッキ
24金色メッキ(ゴルフヘッド・装飾用)
お問い合わせフォーム  試作・見積依頼

特徴・用途・適応素材・処理可能寸法

特徴 ・金は基本的にさびる事が無く、耐食性が優れています。
・光沢がよく、金自体は変色しないので装飾品に使われる。
・合金化しやすいので18金など色調、性質を変化させやすい。
・導電性、接触抵抗値の変化が少ない、ハンダ付け性がよい、ボンディング性がよい
 などの性質から工業用にもたくさん使われています。
 
用途 ・装飾用として眼鏡、ネックレス、イヤリング、仏具、時計、口金など
・工業用として基盤、コネクター
 
適応素材 ・銅、銅合金、真鍮、ニッケル合金、鉄系合金、ステンレス
・チタン、チタン合金、形状記憶合金
・アルミニウム
 
処理可能寸法 ホワイトゴールド 400×200×200 / 純金色 500×500×200 / ピンクゴールド 200×200×200 / 18金 200×200×200

金メッキについてのよくある質問

金の純度と表示方法について

金の純度は良く知られているように純金はK24と表示します。18金はK18、つまり18/24=75%(重量比)が金で残り25%は何か他の金属との合金と言う意味です。
K18GPとは18金のGold Plated、つまり「18金メッキ」の意味です。
K14GPは14金メッキです。18金の金含有率は70.9〜79.2%、14金は57.2〜62.5%です。
ある程度の幅はあります。

残りの金属については特に決められているわけでは有りません。主に銀、銅、ニッケル、亜鉛が使われます。つまり18金といっても全部同じ色ではないということです。時々「18金メッキをしてください」と言われますが、同じ18金メッキでも各社色は違いますのでご注意ください。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ
WEBでお問い合わせの場合
お問い合わせフォーム
試作・見積依頼
電話でお問い合わせの場合
0778-51-9555
受付時間 平日 8:00〜17:00
FAXでお問い合わせの場合
0778-51-5620