樹脂塗装とは樹脂製品やプラスチック、ダイキャスト、真鍮製品に低温乾燥のウレタン塗装を行います。

  • 0778-51-9555
    受付時間 平日 8:00〜17:00
  • 0778-51-5620
製品詳細 | 塗装
樹脂塗装(ウレタン塗装)

樹脂塗装について

樹脂塗装とは、プラスチック製品など焼付塗装が出来ない製品に色付けしたい、光沢を出したい、高級感を出したい・・・
そんな時に使える常温乾燥の2液硬化型ウレタン塗装です。

樹脂塗装は室温の自然乾燥で硬化するので 熱変形などは起こさない為 様々な樹脂製品に塗装ができます。弊社では 主に常温〜80℃位までの低温で架橋反応する2液硬化型ウレタン樹脂塗料を使います。ウレタン塗装は、溶剤が蒸発した為に硬くなっているラッカー塗装とは違い、樹脂の分子同士がウレタン結合で強固に結びついているため 密着性が良く硬くて耐酸性、耐アルカリ性に優れた塗膜を形成します。
また、樹脂製品以外でも 焼付け炉に入らない大きな金属製品、アルミダイキャストのように 高温の焼付け乾燥では巣穴からガスが出てピット状の小さな穴が開いてしまう材料など、高温で焼付けすると何らかの不具合やそり・変形が起きる製品には 2液硬化型ウレタン塗装(常温乾燥・低温乾燥塗料)を使います。真鍮や銅合金など 焼付乾燥の熱(150℃〜)で変色しやすい材質にも使います。

株式会社ワカヤマでは プラスチック・樹脂素材や金属に合わせた様々なプライマーや前処理を利用し 塗装の密着を良くします。
塗装後は常温または数十℃の熱をかけ乾燥させますが、完全硬化するには数日かかります。完全硬化しないと塗料の性能は十分に発揮できませんので ご注意ください。
 高温焼付け乾燥ができる金属製品や樹脂製品は 焼付塗装 電着塗装 の製品紹介ページをご覧ください。

樹脂塗装が可能な素材の種類の一例

    樹脂系・・・ABS、ナイロン6、ナイロン610、ポリカーボネイト、塩化ビニル、カーボン他
    金属系・・・アルミダイキャスト、真鍮、SEC、他各種金属
    その他の材料についてはお問合せください。
ウレタン塗装
樹脂製腕時計のウレタンコート

 
樹脂塗装
ABS樹脂製品に白いウレタン塗装
ウレタン塗装 シャワーノズル シャワーノズル シルバーメタリック塗装
ウレタン塗装
アルミダイキャストにウレタン塗装
ウレタン塗装
塩ビにウレタン塗装
樹脂眼鏡
プラスチック製眼鏡

 
             

お問い合わせフォーム  試作・見積依頼

特徴・用途・適応素材・処理可能寸法

特徴
  • 樹脂塗装は材質に合わせ常温〜80℃で乾燥させますので、樹脂製品でも熱変形しません。
  • プラスチックと金属を組合せた製品にも塗装できます。
  • メタリックやパール、ラメ、艶消し、艶有りなどもできます。
  • ウレタン塗装の鉛筆硬度はF〜2H程度です。
用途
  • 各種樹脂、プラスチック製品の装飾、光沢を出したい、つや消しにしたい時。
  • 金属製品のカラー化、装飾性、耐食性、付加価値をアップしたい時に。
適応素材
  • ナイロン樹脂、ABS、塩化ビニル、ポリカーボネート、カーボン樹脂、セルロースプロピオネートなど。
  • 鉄鋼、アルミニウムダイキャストなど。
  • 真鍮や銅合金など 熱で変色しやすい金属の塗装
  • 金属と樹脂を組み合わせた製品の塗装
  • その他の材料についてはお問い合わせください。

樹脂塗装(ウレタン塗装)についてのよくある質問


動画『眼鏡の塗装実演』

動画 メガネの塗装実演

塗装の硬化反応について

ラッカー塗装のような塗料を「熱可塑性樹脂塗料」と言い、その塗装は乾燥後でもシンナーなどの溶剤に溶けたり、熱を加えるとドロドロに溶けてしまいます。ウレタン塗装のような反応型の塗料を「熱硬化性樹脂塗料」と言い、塗料樹脂同士が化学結合(橋かけ反応、架橋結合とも言う)し繋がるため 分子量は無限大となります。乾燥後の塗装は熱をかけても、溶剤に浸漬しても 液状にはなりません。(多少柔らかくはなります)
2液硬化型のウレタン塗装は主剤と硬化剤を混ぜることにより 低温乾燥でも架橋結合反応を起こします。また焼付け塗装は100℃以上に加熱することにより 架橋結合を起こし、塗料が硬化します

塗装の分類

  • 塗膜の性質→熱可塑性、熱硬化性
  • 乾燥方法→自然乾燥、強制乾燥、湿気乾燥、焼付け乾燥、触媒乾燥、紫外線乾燥
  • 外観→つや消し、つや有り、着色塗料、透明塗料、複層模様塗料、多彩模様塗料
  • 塗装方法→はけ塗り、スプレー、ロールコーター、フローコーター、浸漬塗り、電着塗装、静電塗装
  • 使用箇所→屋内、屋外、水中
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ
WEBでお問い合わせの場合
お問い合わせフォーム
試作・見積依頼
電話でお問い合わせの場合
0778-51-9555
受付時間 平日 8:00〜17:00
FAXでお問い合わせの場合
0778-51-5620