アニオン電着塗装、カチオン電着塗装は均一な膜厚が付き VOCが削減できます。マスキング加工を得意としています。

  • 0778-51-9555
    受付時間 平日 8:00〜17:00
  • 0778-51-5620
製品詳細 | 塗装
電着塗装(アニオン電着塗装、カチオン電着塗装)

電着塗装について

電着塗装とは水溶性の塗料液中で製品と極板間に直流電流を流し アクリル樹脂やエポキシ樹脂を被塗物に付ける塗装方法のひとつです。塗装皮膜が平滑・均一に付き大量生産品にはコスト、品質、生産性などが優れています。耐食性、装飾性、絶縁性、塗装の下地処理に使われています。また溶剤をほとんど使用しないためVOC対策に効果的です。

(株)ワカヤマではアニオン電着塗装、カチオン電着塗装の両方の電着塗装加工をしています。電着塗装の下地メッキ、化成処理、アニオン・カチオン電着塗装を下地とした焼付塗装も社内で一貫生産しております。
また マスキング加工を施して電着塗装と金メッキポイントの2色加工や部分的に素地を残すなどの複雑な加工を得意としています。
マスキング+電着塗装の工程
これだけの表面処理種を社内で一貫生産できる会社は 多くはありません。

アニオン電着塗装は電着液中で被塗物(電着塗装される製品)をプラスにし、カチオン電着塗装はマイナスにし、極板との間に直流電量を流します。アニオン電着塗装は陽極(被塗物)付近が酸性になり カルボキシル基を持ったアクリル樹脂が凝集析出し、その後焼付けします。アクリル樹脂は透明性に優れ染料や顔料でカラー化する製品によく使われます。
逆に カチオン電着塗装は陰極(被塗物)付近がアルカリ性になり アミノ基を持ったメラミン樹脂(エポキシ、アクリル樹脂)が析出します。これを150℃程度で焼き固めると丈夫な塗膜になります。

※電着塗装でお好みの色が必要な場合は 製品に合わせてタンク、電着液が必要になります。
この為 電着塗装は1色に付き1タンク必要となり 設備費がかかりますが、大量生産の場合は生産性、歩留まり率などこれを上回る利点があります。逆に少量の場合は設備費、ラック費用などがかさみますので まずはお問合せください。

カチオン電着塗装の「黒」のように既存の電着液の色でよい場合は 新たな設備は必要ありません。 螢錺ヤマで常設されている電着塗装はアニオン電着塗装がブラウンとクリアー(メッキの上にトップコートしグレーや金色)とカチオン電着塗装の黒です。(以下写真参考)

アクリルアニオン電着塗装は装飾品などのカラー化やメッキの保護膜として またはアルミサッシに使われています。(弊社ではアルミの電着塗装は加工しておりません) カチオン電着塗装は自動車関係などの防食や塗装の下塗りとして SPCC、SECC、などに使われています。
現在使われている電着塗装は 「カチオン電着塗装が主でアニオン電着塗装はほとんど使われていない」という 記述がありますが、確かに電着塗装液の生産量はカチオン電着塗装のほうがはるかに多いでしょうが アニオン電着塗装でなければならない製品もあり ほとんど使われていないということはありません。アルミサッシの塗装は陽極酸化→アニオン電着塗装が95%を占めます。
両者の一番大きな違いは アニオン電着塗装は樹脂は酸性(液はアルカリ性)であり、カチオン電着塗装はその逆ということです。その為カチオン電着塗装は鉄鋼につけると高密着性、高耐食性を発揮します。 アニオン電着塗装、カチオン電着塗装はそれぞれ特徴に差がありますが、それぞれの特徴を以下に示します。

また 最近は様々な電着塗装が開発されており 厚付けが出来るタイプ、低温硬化型(80℃以上)、小物用にバレルで付ける電着方法、放熱性、絶縁性(数千ボルト)、非粘着性などに優れた機能性電着塗装もありますので ご相談ください。

多品種小ロット 多色の場合は 焼付塗装、 樹脂塗装 の製品紹介ページをご覧ください。
電着塗装見本 
電着塗装見本(アニオン電着塗装)
電着塗装
ヘアーライン後Pdメッキ+ブラウン電着塗装(アニオン電着塗装)
カチオン電着塗装
カチオン電着塗装(黒)
/自動車内装部品
カチオン電着塗装(マスキング)
カチオン電着塗装(ねじ部マスキング加工)/自動車内装部品
カチオン電着塗装
カチオン電着塗装/ポンプ部品
 
お問い合わせフォーム  試作・見積依頼

特徴・用途・適応素材・処理可能寸法

特徴
  • 電着塗装の焼付け温度は150〜180℃、低温タイプは80℃以上です。
  • アニオン電着塗装は透明性(アクリル樹脂系)、耐薬品性、耐候性に優れています。クロメート処理やリン酸亜鉛処理をするとさらに密着性、耐食性が増します。。
  • 電圧で塗膜厚さを制御できるので、同じ膜厚分布の塗装を連続的に正確に行なう事ができ、塗膜が薄くなりがちな品物の角の部分のエッジカバーリング性に優れています。
  • 電流を流して塗装しますが、電気的に陰の部分、複雑な形状も均一に塗装が付きます。
  • 塗装スプレーガンによるスプレー焼付塗装に比べ、色むら、ゴミ、たれ等が非常に少なく良質の塗装ができます。マスキング加工がスプレー塗装より簡単にできます。
  • 水溶性塗料なのでVOC削減対策ができ、環境にやさいい塗装方法です。
  • 欠点は指定の色をタンクにある程度の量を建浴する為
     ※色ごと、製品ごとにタンク、ハンガーを作らなくてはいけない。
     ※少ロットではコストが高くなる。
     ※色換えが自由にできない。
     ※金属など導電性で高温の焼付けに耐えられるものでないとできない。
     (最近は低温電着塗装として樹脂製品のメッキ上にできるものもある)
     ※極端な厚付けができない。
     ※使用しなくても電着液が劣化するため管理が難しい。
    などが上げられます。
用途
  • 眼鏡、携帯電話などあらゆる金属製品のカラー化、耐久性向上。
  • メッキ上にマスキング加工し電着塗装+部分金メッキ、部分黒ニッケルなどの加工がしやすく品物に高級感を持たせる。
  • 光沢ニッケル後に金色電着塗装し、金メッキの代替として。
  • 自動車部品、電子部品の耐食性向上。
  • スプレー焼付塗装では塗料が付き回らない陰がある品物の塗装下地として、例えば自動車の車体の塗装下塗りなどすみずみまで高度な防食性を要求されるもの。
  • 絶縁皮膜形成(数十ボルト〜数千ボルト)
適応素材
  • アニオン電着塗装・・・各種メッキ製品、ステンレス
  • カチオン電着塗装・・・鉄鋼(SPCC、SECC)、チタン
<アルミニウムの電着塗装は弊社では加工しておりません>
処理可能寸法 700×700×200 耐熱温度200℃くらいは必要です。

電着塗装(アニオン電着塗装、カチオン電着塗装)についてのよくある質問

マスキング+電着塗装の工程

洗浄→マスキング→乾燥 80℃×20〜30分→検査→洗浄→活性化、化成処理→電着塗装 180℃×30分 →検査→マスキング剥離→洗浄→乾燥→検査、梱包

マスキング塗りは簡単な形状はシルク印刷なども可能ですが、ほとんどの場合は筆や注射器を使った 手作業になります。

アニオン電着塗装のブラウン色のタンク
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ
WEBでお問い合わせの場合
お問い合わせフォーム
試作・見積依頼
電話でお問い合わせの場合
0778-51-9555
受付時間 平日 8:00〜17:00
FAXでお問い合わせの場合
0778-51-5620