6価クロムメッキの代替えメッキはありますか?

  • 0778-51-9555
    受付時間 平日 8:00〜17:00
  • 0778-51-5620

よくある質問

メッキや塗装、表面処理に関してのよくあるご質問と回答集です。これ以外にご質問がある方は、お気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください 。お見積りもお問い合わせフォームでお受けいたしております。
黒クロムメッキ、クロムメッキ
現在弊社ではクロムメッキの代替えとして「スズ−コバルトメッキ」を用意していますが 6価クロムめっきはRoHSに対応しています。
3価クロムメッキは耐食性、色調、不良率などに難があり 弊社では使っていません。
(現在では色調、性能とも6価クロムめっきとほとんど変わらない3価クロムメッキもあるようです)

RoHSは最終製品中に有害物質が残らない事を求めているのであって工程中で使ってはならないとは言っていません。クロムメッキ皮膜は金属クロムの0価の皮膜であり、6価クロムメッキはRoHSに対応しているのです。洗浄不良で6価クロムが残留しているなどは問題外とします。

3価クロムメッキもメッキ皮膜も6価クロムメッキ皮膜も メッキの皮膜になれば同じ0価です。
0価の金属クロムもだめならステンレス(鉄とクロムの合金)も もう使えませんよね!

ただ黒クロムメッキはメッキ皮膜がスポンジ状になっていて その複雑に入りくんだ穴の中の6価クロムメッキ液が完全に水洗で取れているとは 言い切れないのでRoHSには非対応としています。

三価クロムめっきは環境にやさしい技術ですし まったく否定するものではありません。
また クロメート処理とクロムメッキを混同する方がおられますが これはまったく違う処理なのでご注意をお願いします。
「ユニクロ」 とは 亜鉛メッキのユニクロメート処理 のことで これもクロムメッキとは違います。

クロムメッキのRoHSに関する事は以下のサイトをご覧下さい。

中小企業ビジネス支援サイト  「Q25 クロムメッキとRoHS」  
                    「クロムめっきに関する知識の整理

クロムメッキのページへ

黒クロムメッキのページへ
≪ 一覧へ戻る
お探しのQ&Aが見つからない場合は
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ
WEBでお問い合わせの場合
お問い合わせフォーム
試作・見積依頼
電話でお問い合わせの場合
0778-51-9555
受付時間 平日 8:00〜17:00
FAXでお問い合わせの場合
0778-51-5620