メッキから焼付塗装、電着塗装までの(株)ワカヤマ 若山会長のブログです。

  • 0778-51-9555
    受付時間 平日 8:00〜17:00
  • 0778-51-5620

社長の戯言ブログ

2017-03-07 10:47:00
 経団連と連合が残業時間の上限を月に何時間までとするかどうかのトップ会談が佳境を向かえているようだ。政府は残業時間を年間720時間、月70時間、繁忙期は100時間までとし 労働基準法を改正したいらしい。

 昨年 過労死した電通の女の子は残業時間が月130時間、睡眠時間が週10時間だったとか。1日1.5時間程度の睡眠時間になるが それが長く続いたら死んでしまうだろう。しかし130時間では20日で割っても1日6.5時間の残業にしかならない。つまり24−(8+6.5)=9.5時間/日も余るので 多分 彼女は休みなしで月に300時間くらいの残業をしていたのだと思う。土日は全部残業時間とすれば380時間くらいになる計算だ。(1日18時間労働として×30日=540時間、540−8時間×20日=380時間)残業時間が130時間というのは残業を申請していない、できない、消された可能性が大である。

 つまり死ぬほどの残業時間とはほとんど休みなしで300時間以上の残業の事だと思う。自分も新卒の時は毎月100時間の残業をしていたのでわかる。もちろんその会社には50歳、60歳くらいの人もいて全員が100時間の残業をしていたが 誰も死ななかったし、普通に元気に働いていた。祝日も工場は休みなしだったのでゴールデンウィークはなし。連休は盆と正月だけ、昔だから土曜日も操業で月に25日勤務でした。残業手当と夜勤手当もでるので給料は同級生よりかなり良かったし、年配の人はそれを目当てに働いている人たちばかりだった。

 だから残業100時間がどうのこうのというのは ちょっとおかしい。決めている政治家、役人、経団連、連合のトップでも みんな100時間くらいは残業していると思いませんか?過労死かどうか決める裁判官も絶対にそのくらいの残業はしていると思います。なのに裁判官は80時間でも過労死になると言っているのですよ。

 私は残業をいっぱいやれ!と言うのではありませんし、うちの社員で100時間も残業する社員はいませんが やっぱりおかしいことはおかしい。人間はそんなにやわではありません。過労死で亡くなった人はきっと300時間以上の残業をしているし、それとプラス いろいろな精神的苦痛、プレッシャーがあったのだと思います。なのに100時間程度の事をいくら議論しても何も解決できないと思いませんか?

 

                株式会社ワカヤマ
                                                                                                WAKAYAMA Co.,Ltd
                                                                                         メッキと塗装の(株)ワカヤマ
2017-03-02 10:21:59
今年も早や3月になってしまった。あっという間に2か月が過ぎてしまった。
外はまだ寒いがもう雪も解けて 段々と春らしくなるのだろう。今年の桜の開花は福井では4月2日らしい。

今年はまだ2か月しかたっていないわけだが 葬式がやたら多い。私の知人・本人が亡くなってしまった人
3人。57歳、64歳、66歳。 50歳台、60歳台では早すぎる。
知人の親が亡くなった人 4人。
何とここ最近の葬式は 4日前1件、今日1件、明日2件 と続いている。

自分もそんな年齢になったのだと 気づいた次第で、あ‥る‥‥…。



 



 

                株式会社ワカヤマ
                                                                                                WAKAYAMA Co.,Ltd
                                                                                         メッキと塗装の(株)ワカヤマ
2017-02-10 10:14:14
今年も早2月中旬になろうとしている。
新年のあいさつ以来、今年初めてのブログになります。ちょっとさぼっているとあっという間に時間が経っていきますね。さぼっていると 何を書いていいのか?段々と筆不精になってしまいます。

仕方がないので、先日、越前海岸の民宿にかにの食べ放題に行った写真を載せます。1泊2食付き、かにはもちろん食べ放題で一人18,000円でした。自分ひとりで40僂らいのずわい蟹を4はい食べました。

かに
いけすの中のずわい蟹

福井県では ずわい蟹とは雄、雌はせいこがに と言います。地方によって呼び方が違うようです。
大きなずわい蟹よりもみそと卵があるせいこかにの方が断然おいしいです。しかし せいこは11月と12月だけしか解禁がありません。1月からは産卵期に入るので禁漁になります。今年は12月に食べ放題に行ってせいこを腹いっぱい食べたいですね。

ただし 食べ放題なので足がなかったり、ちょっと訳ありのかにですし、タグが付いた「越前蟹」とか
「松葉カニ」ではありません。でも海の中ではいっしょに育っていたと思います。
 



                株式会社ワカヤマ
                                                                                                WAKAYAMA Co.,Ltd
                                                                                         メッキと塗装の(株)ワカヤマ
2016-12-02 10:14:23
早い!もう12月だ!年とともに年々時間が経つのが早く感じる!

昨日 竹中平蔵さんの講演に行ってきた。
1950年当時のアルゼンチンは経済発展国であったらしい。一人当たりのGDPはフランスと同じくらい。それが今ではフランスのGDPはアルゼンチンの2.5倍になっている。フランスは普通に発展してきたが アルゼンチンは改革をしなかったために ここまで差が広がっていったのだとか。現在 アルゼンチンが発展した国だとは 世界中の誰も思わないだろう。この間のGDPの伸びの差の平均はわずかに1.5%、これを60年続けると確かに2.5倍以上になる。複利計算の怖さである。

目標を立てるときに 例えば 「売り上げを5%とか10%上げる」 などがあるが たかが5%ではちょっとした外的要因でも変わってしまうことがある。「5%上がるように 頑張ります!」 程度の事で目標が達成されてしまうかもしれない。
これに対して 「売上を2倍にする」というのは 今までの方法の延長線上では達成はほとんど無理である。何か全然違う方策をとらねばば目標達成はできない。発想を全く変えて考えなければいけない。そこでイノベーションが起こる。
「変化こそ明日への活力」、「脱皮しない蛇は死ぬ」のである。

こんな考え方も大事だが、僅か「1.5%アップ」を毎日、毎月、毎年 休まず続ける。これも地味でチョーしんどいが47年続けると2倍になる。3%アップなら24年、5%アップなら15年、7%アップなら11年で2倍以上になるのである。(この計算方法は電卓で簡単にできますが、ご存知ですか?)

地味に続けるか?、イノベーションか?
来年はどっちで行きましょうか。

                株式会社ワカヤマ
                                                                                                WAKAYAMA Co.,Ltd
                                                                                         メッキと塗装の(株)ワカヤマ
2016-11-16 13:07:28
さる11月3日に自分と同じ年の友達3人で合同で還暦ゴルフコンペを行いました。

若山剛、〇木○○、〇〇常〇、〇〇〇夫の4人の名前を一字づつ取って
「若木常夫還暦コンペ」と銘打ち 84人もの方にご参加いただきました。
あいにく 午前中は雨、風、雷とゴルフには最悪のコンディション!
途中で中止にしようかというほどの天候でしたが、時々はパッと晴れたりして
何とかゴルフは終了いたしました。
ご参加くださった皆様には悪天候の中ご苦労様でした。またありがとうございました。
準備などでお世話になった皆様、ありがとうございました。

下は20代から 上は82歳 という幅広い年齢の中で楽しくゴルフと懇親会を開催できました事
本当に感謝、感謝であります。82歳の方は先日エージシュートを達成されたとのこと!いや 全く
ご立派の一言です。

古稀、喜寿のときには またこのメンバー全員で記念コンペができたら 最高ですね!!!

還暦ゴルフコンペ 
赤いちゃんちゃんこを着た4人と懇親会場の様子


                株式会社ワカヤマ
                                                                                                WAKAYAMA Co.,Ltd
                                                                                         メッキと塗装の(株)ワカヤマ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 次ページ >>
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ
WEBでお問い合わせの場合
お問い合わせフォーム
試作・見積依頼
電話でお問い合わせの場合
0778-51-9555
受付時間 平日 8:00〜17:00
FAXでお問い合わせの場合
0778-51-5620